★認知症ケア専門士は、社会を助けるこれからの資格です。受験対策室ではそういった心ある皆さん方を精一杯応援してまいります。
 トップ 認知症高齢者の現状 / 認知症ケア専門士認定試験とは? / 受験対策講座の概要  
トップぺージ >top
京都母子 温情判決
認知症の母をかかえて苦労した息子が母親を殺害した事件ですが、その実情に感銘し、執行猶予付きといった異例判決を出した事件です。
認認介護の現場
足りない介護の担い手
タクティールケア
※お問い合わせ等ございましたらお寄せ下さい。以上よろしくお願いいたします。




認知症論集 介護現場の深みから
三好春樹/著
雲母書房
[要旨]
認知症は「脳の病気」?認知症は「治療の対象」?医療モデルから生活モデルへ、医学から人間学へ。
[目次]
第1部 隠喩としての“痴呆”(老いとは“思い”がことばを越えること;失禁は長生きのサイン;隠喩としての“痴呆” ほか);第2部 “痴呆”の人間学(問題意識―痴呆老人へのアプローチはこのままでよいのか?;私たちがとってきた立場―生活の場ならでは、の方法論;痴呆老人の生活ケア ほか);第3部 老いにともなう人間的変化(“問題老人”が人気者になるとき;この国では老いが“呆け”と呼ばれはじめた;関係論なき技術論 ほか)

三好 春樹 (ミヨシ ハルキ)       
1950年、広島県生まれ。理学療法士。1974年から特別養護老人ホームの生活指導員となる。その後、九州リハビリテーション大学校に入学。資格取得後、再び元の特養にPTとして勤務。1985年に退職し、「生活とリハビリ研究所」を開設する。また、個人編集の生活リハビリの情報誌、月刊『Bricolage(ブリコラージュ)』を発行している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


厚生労働省は、介護予防や地域密着型サービス等を実施し、その最重要課題に認知症対策を掲げていますが、介護の現場では必ずしも十分な対応ができているとは言えません。そのような中で「認知症ケア専門士」は要介護者、家族、事業者、地域住民から期待される専門職として脚光を浴び、ますます重要視されています。既に現場の従事者においては、行政また個別で研鑽が進んでいますが「認知症ケア専門士」はその知識・技術を証明する資格者として尊重されています。資格取得後は、年々困難になるのが一般的で、その意味でもグループホーム管理者、ケアマネジャー、介護スタッフの方々の早期取得が期待されています。
トップ・認知症高齢者の現状認知症ケア専門士認定試験とは?受験対策講座の概要資料請求
Copyright (C) 2008 認知症ケア専門士受験対策室. All Rights Reserved.
: