★認知症ケア専門士は、社会を助けるこれからの資格です。受験対策室ではそういった心ある皆さん方を精一杯応援してまいります。
 トップ 認知症高齢者の現状 / 認知症ケア専門士認定試験とは? / 受験対策講座の概要  
トップぺージ >top
京都母子 温情判決
認知症の母をかかえて苦労した息子が母親を殺害した事件ですが、その実情に感銘し、執行猶予付きといった異例判決を出した事件です。
認認介護の現場
足りない介護の担い手
タクティールケア
※お問い合わせ等ございましたらお寄せ下さい。以上よろしくお願いいたします。




グループホームの基礎知識
改訂新版
上田理人/著 山井和則/監修
リヨン社
[要旨]
認知症介護の最先端。いま、話題のグループホームの全てがわかる。全国に拡がる認知症介護の切り札、宅老所や小規模多機能型居宅介護など最新情報を一挙に掲載。これからグループホームを利用したいと考える家族、グループホームで働きたいと考えている方やすでに働いている方、これからグループホームを開設し運営したい人のバイブル。
[目次]
第1章 グループホームとは何か;第2章 グループホームの生活―ゆったりした毎日を楽しむ;第3章 グループホームケアとは何か―ケアの質をより高めたい;第4章 グループホームスタッフとして働く;第5章 「住まい」としての環境づくり―認知症になっても暮らしやすい空間;第6章 開設に向けて―グループホームを開設しよう;第7章 グループホーム運営Q&A;第8章 実践から生まれた小規模多機能サービス―二四時間三六五日切れ目なく暮らしを支える;第9章 良質なグループホームを増やすために

山井 和則 (ヤマノイ カズノリ)       
1962年大阪府生まれ。京都大学工学部工業化学科修士課程修了。卒業後(財)松下政経塾で高齢者福祉などを研究。89年に、8ヶ月にわたりイギリス、アメリカ、シンガポール、デンマークなどの老人ホームで実習をしてまわる。京都ボランティア協会職員を経て、91年からスウェーデンに留学。1992年スウェーデン国立ルンド大学にて研究。1995年奈良女子大学講師。1997年立命館大学政策科学部大学院講師を経て、2000年衆院選民主党近畿ブロックより立候補し初当選。現在、衆議院議員
上田 理人 (ウエダ ミチト)       
1974年3月10日生まれ。大阪府立八尾高校卒。1997年明治大学政治経済学部卒業。証券会社勤務を経て、国内外の老人ホームやグループホームを訪問、ボランティア活動に従事。その後、民間の有料老人ホームにて約3年間介護スタッフとして勤務。現場での経験を生かし、より良い介護政策を実現するため、介護問題への取り組みをライフワークとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


厚生労働省は、介護予防や地域密着型サービス等を実施し、その最重要課題に認知症対策を掲げていますが、介護の現場では必ずしも十分な対応ができているとは言えません。そのような中で「認知症ケア専門士」は要介護者、家族、事業者、地域住民から期待される専門職として脚光を浴び、ますます重要視されています。既に現場の従事者においては、行政また個別で研鑽が進んでいますが「認知症ケア専門士」はその知識・技術を証明する資格者として尊重されています。資格取得後は、年々困難になるのが一般的で、その意味でもグループホーム管理者、ケアマネジャー、介護スタッフの方々の早期取得が期待されています。
トップ・認知症高齢者の現状認知症ケア専門士認定試験とは?受験対策講座の概要資料請求
Copyright (C) 2008 認知症ケア専門士受験対策室. All Rights Reserved.
: