★認知症ケア専門士は、社会を助けるこれからの資格です。受験対策室ではそういった心ある皆さん方を精一杯応援してまいります。
 トップ 認知症高齢者の現状 / 認知症ケア専門士認定試験とは? / 受験対策講座の概要  
トップぺージ >top
京都母子 温情判決
認知症の母をかかえて苦労した息子が母親を殺害した事件ですが、その実情に感銘し、執行猶予付きといった異例判決を出した事件です。
認認介護の現場
足りない介護の担い手
タクティールケア
※お問い合わせ等ございましたらお寄せ下さい。以上よろしくお願いいたします。




「認知症の人がその人らしく暮らせるまち」をめざして 大牟田市の挑戦! 「人が真ん中のまち」へ、10年の軌跡 地域密着型福祉全国セミナーinおおむた報告集(抄録)
中島民恵子/著 「地域密着型福祉全国セミナーinおおむた」実行委員会/編
全国コミュニティライフサポートセンター
[要旨]
[目次]
第1部 誰もが安心して暮らせるまちの「自分力」「地域力」「自治体力」を高める(おおむたからのメッセージ;オープニングセッション;セッション;ジョイントコンサート;講演 ほか);第2部 大牟田市の認知症ケアから進めるまちづくり(協調基盤づくり;人づくり、人育て―市民サポーター;人づくり、人育て 認知症コーディネーター養成研修;ケア協働態勢・地域拠点づくり―ケアサポートシステム;認知症の人を地域で支えるまちづくり実践 はやめ南人情ネットワーク)

中島 民恵子 (ナカシマ タエコ)       
認知症介護研究・研修東京センター客員研究員/医療経済研究機構研究員。2008年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。博士(政策・メディア)。大学時代、ボランティアをしていた特別養護老人ホームで認知症の人と出会い、関わり方や環境や政策に関心をもつ。グループホームの質の確保・向上に向けたサービス評価への取り組みや自治体の認知症地域支援体制構築への取り組みを支援している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


厚生労働省は、介護予防や地域密着型サービス等を実施し、その最重要課題に認知症対策を掲げていますが、介護の現場では必ずしも十分な対応ができているとは言えません。そのような中で「認知症ケア専門士」は要介護者、家族、事業者、地域住民から期待される専門職として脚光を浴び、ますます重要視されています。既に現場の従事者においては、行政また個別で研鑽が進んでいますが「認知症ケア専門士」はその知識・技術を証明する資格者として尊重されています。資格取得後は、年々困難になるのが一般的で、その意味でもグループホーム管理者、ケアマネジャー、介護スタッフの方々の早期取得が期待されています。
トップ・認知症高齢者の現状認知症ケア専門士認定試験とは?受験対策講座の概要資料請求
Copyright (C) 2008 認知症ケア専門士受験対策室. All Rights Reserved.
: