★認知症ケア専門士は、社会を助けるこれからの資格です。受験対策室ではそういった心ある皆さん方を精一杯応援してまいります。
 トップ 認知症高齢者の現状 / 認知症ケア専門士認定試験とは? / 受験対策講座の概要  
トップぺージ >top
京都母子 温情判決
認知症の母をかかえて苦労した息子が母親を殺害した事件ですが、その実情に感銘し、執行猶予付きといった異例判決を出した事件です。
認認介護の現場
足りない介護の担い手
タクティールケア
※お問い合わせ等ございましたらお寄せ下さい。以上よろしくお願いいたします。




私の声が聞こえますか 認知症がある人とのコミュニケーションの可能性を探る
マルコム・ゴールドスミス/著 高橋誠一/監訳 寺田真理子/訳
雲母書房
[要旨]
認知症ケアに究極の方法論なんてないんだな。その人は依然としてそこにいる。そう信じることからケアは始まる。
[目次]
こだまはゆっくりと返ってくる;サービスについての意見を聞く;誰かそこにいるの?;人はそれぞれ異なる方法で影響を受ける;コミュニケーションは可能;力を奪うこと;時間とペースの感覚;「ライフストーリー」の価値;環境の影響;非言語コミュニケーション;挑戦的な行動;グループワーク;告知すべきか、せざるべきか―それが問題なのか;内省的結論

ゴールドスミス,マルコム (ゴールドスミス,マルコム)   Goldsmith,Malcom    
過去20年間に認知症への関心を深め、スコットランドのスターリング大学認知症サービス開発センターの研究員として認知症をテーマに幅広く執筆や講演活動を展開。退職後の現在、認知症と前立腺がんを含む老化に関連する問題についての執筆や対応で活躍
高橋 誠一 (タカハシ セイイチ)       
東北福祉大学総合福祉学部教授。北海道大学大学院を経て、同大学助手。その後、札幌大学を経て現在に至る。小規模多機能ホーム研究会代表、パーソンセンタードケア研究会世話人、のぞみホーム理事
寺田 真理子 (テラダ マリコ)       
長崎県出身。父親の仕事の関係で幼少時よりメキシコやコロンビア、ベネズエラと南米諸国を転々とし、ゲリラによる日本人学校脅迫や自宅の狙撃を経験。帰国後、都内の高校に進学。追っかけに熱中し、そこで身につけた行動力がその後の人生の指針となる。東京大学法学部卒業後、国際会議コーディネーターの傍ら、舞台出演や自主映画の主演、監督、制作を務める。多数の外資系企業での通訳を経て、現在は読者セラピー活動のほか、主に翻訳や講演を通して「パーソンセンタードケア」の普及に力を入れている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


厚生労働省は、介護予防や地域密着型サービス等を実施し、その最重要課題に認知症対策を掲げていますが、介護の現場では必ずしも十分な対応ができているとは言えません。そのような中で「認知症ケア専門士」は要介護者、家族、事業者、地域住民から期待される専門職として脚光を浴び、ますます重要視されています。既に現場の従事者においては、行政また個別で研鑽が進んでいますが「認知症ケア専門士」はその知識・技術を証明する資格者として尊重されています。資格取得後は、年々困難になるのが一般的で、その意味でもグループホーム管理者、ケアマネジャー、介護スタッフの方々の早期取得が期待されています。
トップ・認知症高齢者の現状認知症ケア専門士認定試験とは?受験対策講座の概要資料請求
Copyright (C) 2008 認知症ケア専門士受験対策室. All Rights Reserved.
: