★認知症ケア専門士は、社会を助けるこれからの資格です。受験対策室ではそういった心ある皆さん方を精一杯応援してまいります。
 トップ 認知症高齢者の現状 / 認知症ケア専門士認定試験とは? / 受験対策講座の概要  
認知症ケア専門士認定試験とは? >top
京都母子 温情判決
認知症の母をかかえて苦労した息子が母親を殺害した事件ですが、その実情に感銘し、執行猶予付きといった異例判決を出した事件です。
認認介護の現場
足りない介護の担い手
タクティールケア
※お問い合わせ等ございましたらお寄せ下さい。以上よろしくお願いいたします。



認知症ケアに対する優れた学識と高度な技能および倫理感を備えた専門技術士であるとともに、我が国における認知症ケアの技術の向上並びに保健・福祉に貢献することを目的として設けられた更新制の資格です。

認知症ケアに関する施設、団体、機関等※1において試験実施年の3月31日より過去10年間において3年以上の認知症ケアの実務経験(教育・研究・診療も含む)を有する者。

※1
居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、ケアプランセンター、グループホーム、デイサービス、地域包括支援センター、特別養護老人ホーム、総合病院他

第1次試験(筆記)・・・・2009年4月1日〜4月30日

試験地(予定)・・・・札幌・仙台・東京・名古屋・京都・福岡


受験者数 合格者数 合格率(%)
第1回試験(2005年) 5,121 2,445 47,7
第2回試験(2006年) 5,313 3,449 64,9
第3回試験(2007年) 6,848 3,016 44,0

介護福祉士
ケアマネ
ヘルパー
看護師(准)
福住コーディ
社会福祉士
社会福祉主事
作業療法士
保健師
精神保健福祉士
トップ・認知症高齢者の現状認知症ケア専門士認定試験とは?受験対策講座の概要資料請求
Copyright (C) 2008 認知症ケア専門士受験対策室. All Rights Reserved.
: