★認知症ケア専門士は、社会を助けるこれからの資格です。受験対策室ではそういった心ある皆さん方を精一杯応援してまいります。
 トップ 認知症高齢者の現状 / 認知症ケア専門士認定試験とは? / 受験対策講座の概要  
トップぺージ >top
京都母子 温情判決
認知症の母をかかえて苦労した息子が母親を殺害した事件ですが、その実情に感銘し、執行猶予付きといった異例判決を出した事件です。
認認介護の現場
足りない介護の担い手
タクティールケア
※お問い合わせ等ございましたらお寄せ下さい。以上よろしくお願いいたします。




認知症の医療とケア 「もの忘れクリニック」「もの忘れカフェ」の挑戦
藤本直規/著
[要旨]
「もの忘れクリニックに続く道」では、認知症患者さんと家族を支える六つの力について、「認知症患者さんと家族への支援基地としてのクリニック」では、外来診療、軽度認知症外来リハビリ、家族支援、相談活動、地域連携の順に、「もの忘れカフェという名の認知症ケア」では、若年認知症デイケア、決められたプログラムをなくした認知症専用デイサービス、もの忘れカフェの順に、それぞれ紹介した後で、認知症ケアについて若干の論考を試みた。
[目次]
もの忘れクリニックに続く道―認知症患者さんと家族を支える六つの力;認知症患者さんと家族への支援基地としてのクリニック―認知症患者さんの声が届く場所、介護する家族の思いがかなう場所(診療部門;相談部門;連携部門);もの忘れカフェという名の認知症ケア―“自分でできて、仲間がいて、社会とつながっている”(介護部門)

藤本 直規 (フジモト ナオキ)       
1952年岡山県生まれ。1978年京都大学医学部医学科卒業。医療法人藤本クリニック理事長・院長。1990年に滋賀県立成人病センターに開設した「もの忘れ外来」で、看護師、心理士、医療ソーシャルワーカー、作業療法士などとチーム医療を開始。1999年4月から、もの忘れクリニック(藤本クリニック)を開設し現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


厚生労働省は、介護予防や地域密着型サービス等を実施し、その最重要課題に認知症対策を掲げていますが、介護の現場では必ずしも十分な対応ができているとは言えません。そのような中で「認知症ケア専門士」は要介護者、家族、事業者、地域住民から期待される専門職として脚光を浴び、ますます重要視されています。既に現場の従事者においては、行政また個別で研鑽が進んでいますが「認知症ケア専門士」はその知識・技術を証明する資格者として尊重されています。資格取得後は、年々困難になるのが一般的で、その意味でもグループホーム管理者、ケアマネジャー、介護スタッフの方々の早期取得が期待されています。
トップ・認知症高齢者の現状認知症ケア専門士認定試験とは?受験対策講座の概要資料請求
Copyright (C) 2008 認知症ケア専門士受験対策室. All Rights Reserved.
: