【京都観光】町家で晩ごはん!毎日通いたくなる京都の和食店8選・・・ってこれいいわ!

おばんざいや居酒屋、カフェに雑貨店まで、ひとたび京都を歩けば雰囲気抜群の町家に出会える。そんな京都の町家から、心も体もほっこり温まる和食のお店を紹介!毎日通いたい町家ごはんで至福の時間を。
■「料理と蕎麦と酒 三味洪庵 本店」は、1861(文久元)年に岩倉具視の命を受け創業。西京漬やちりめん山椒の老舗が手がける食事処は、京都市歴史的風致形成建造物に指定されている京町家空間と白川沿いのロケーションが魅力。ランチ&喫茶のみの営業だったが、10月のリニューアルでひきたてのそばが味わえる晩ごはんもスタートしたので、しっぽりとぜひ。
■町家DATA/築100年以上、元昆布問屋 個室:なし クレジット:可 コース:あり 予算:昼(2000円)、夜(4000円) 席料:なし
■料理と蕎麦と酒 三味洪庵 本店<住所:京都市東山区三条通北裏白川筋西入石泉院町393 電話:075-771-0952 時間:11:00~15:00(LO14:30)、17:00~20:30(LO20:00)、物販10:00~20:00 休み:月曜(祝日の場合翌日) 席数:46席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:地下鉄東山駅より徒歩2分>
■ 京都らしい具材をあえて自分好みのちらし寿しに
■町家DATA/築約100年、元割烹 個室:なし クレジット:不可 コース:なし 予算:3000円 席料:なし
■AWOMB 祇園八坂<住所:京都市東山区下河原町463-8 電話:075-204-3564 時間:11:30~15:00(LO14:00)、18:00~20:30(LO19:30) 休み:不定休 席数:24席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:京阪祇園四条駅より徒歩15分>【関西ウォーカー編集部】
■町家DATA/築約100年、元民家/個室なし/クレジット可/コースあり/予算(3500円)/席料なし
■お数家 いしかわ<住所:京都市下京区高倉通四条下ル高材木町221-2 電話:075-344-3440 時間:17:30~24:00(LO23:00)、日祝17:30~23:00(LO22:00) 休み:不定休 席数:29席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし 交通:阪急烏丸駅、地下鉄四条駅より徒歩3分>
■サケホール 益や<住所:京都市中京区蛸薬師通烏丸東入ル一蓮社町298-2 電話:075-708-7747 時間:17:30~23:30(LO)、土日祝15:00~ 休み:月1回不定休 席数: 40席、スタンディング20人 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:阪急烏丸駅、地下鉄四条駅より徒歩3分>

関西ウォーカーの京都特集ですか・・・。
それにしても、京都はおすすめですね、どこに行ってもいいじゃないですか、多分ね。
少々、値段が張るとは思いますが、夜の京都で それも町屋の居酒屋とか和食店とか 
酒を飲むって最高じゃないですか。是非・・・、ですね。


京都といえば、やっぱ 木屋町・先斗町界隈が好きですが、
なんとなく静かで 川沿いで風情がある、また そんなに”ぜひ、きてね”みたいな感じもなく 
なんとなくこじんまりしてますが上品で それでいて下町っぽくって 
勿論、つくりはやっぱ町屋っぽくって 中に入ると奥深いって感じです。

川床なんかでも ほぼ、そんな感じで 長屋見たく 間をあけずにって感じで立ってます。
でも、このへん、先斗町とか川向の祇園のまちとかは、京都のメインなので 
それなりに人も多いし、値段も高い・・・。

それで、最近は、下町の長屋的な町屋で 京都の小物とかご飯を食べるところとか、
メインの通りではなく 大きな通りに面してるわけでもなく、
少し入った路地とか袋小路的なところの 店なんかもたくさん出てきて 
関西ウォーカーなんかはその辺を紹介してるんじゃないかと思いますが・・・。
確かにそんなところもあります。もちろんいいに決まってますが・・・。

四条とか三条とか烏丸・河原町とかではなく 少し離れた居住地っていうか 
住宅地的な場所とかの路地とかですが、最近は多い。祇園・八坂とかはモロ 中心地ですが・・・。


■祇園八坂にオープン! 行列店「AWOMB」


京都のご飯がいいのは 町屋のたてもの風情もいいですが、
京料理のこの おいしいところをちょこっとづつ って感じがとてもいい。
いい寿司屋とかにいくと お任せでっていったら じゃおいしいところを 
少しずつっていって 刺身を乗せてくれますが、そんな感じです。

それをいただきながら日本酒をっていうのが おいしい。
そんな感じの上品さが、高年齢になってくると かなりいい、
本当 そんなガツガツ食べるほど食べれませんから、
ゆったりと時間をかけて味を楽しむ、そんな感じです。これがいい!

京都は、そんな感じばっかなんで、
若くっても 落ち着いて風情を楽しむなら京都飯、最高です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です