俳優、船越英一郎が平成の赤ひげに挑む・・・。よかったですね!

ニュース
「オファーを受けるのは暴挙じゃないか、と。主演の話をいただいたときには正直、逡巡(しゅんじゅん)しました」作家、山本周五郎が生んだ医師、「赤ひげ」こと新出去定(にいで・きょじょう)。江戸の無料診療所を舞台に貧者救済の仁術を施す武骨な医師の活躍は銀幕やテレビで幾度も映像化され、三船敏郎、小林桂樹(けいじゅ)、萬屋錦之介、藤田まことといった名優たちが演じてきた。役者としての仕事を山脈にたとえると、「赤ひげ」はその頂にあるような作品だという。


■いい役者さんですよね。

船越英一郎さんよかったですね・・・。
人のうわさも なんとかで あんなにテレビのワイドショーをにぎわしてくれて
いましたが、やっぱ、読み通りですね。変な話おんなのヒステリック
ってこわいですよね。
ちょっと、松居さんがいじょうでしたよね。相当ショックだったんでしょうね。


■こわいですって・・・。

でも、内容的にちょっとやりすぎってところがありましたが、
いくら、年下旦那で いままで従順に従ってきたとはいえ やりたい放題はだめですよね。
そんで 反発されたから 逆切れした的な、またいろんな経歴で 
少しばかりお金があるからといって財産ねらいって めちゃくちゃな言われ方して 
挙句の果てには不倫疑惑 どこまで悪者にしたいねんって。


本当に愛があれば、どれだけプライドを傷つけられても 相手が幸せなら 
相手に従うのが愛じゃないかな。
かわいさあまって 憎さ百倍って 愛情じゃないですよね・・・。

それよっか、船越さんの事件もの 面白いですよね よく見てます。
涙ありーの 恋がありーの 親子愛がアリーの 組織がありーのって いろんなのやってますが・・・。
はじまりは、やっぱ片平さんとのコンビがよかったのかな~。


ずいぶん 昔のはなしですが 当時はつきあってたのかな~ 
それぐらいの感じでしたが・・・。
というのは、四国のレオマ だったっけ ロケをたまたま 
みたことがあったような記憶があって
やたら二人は 仲がよさそうでしたから、そうじゃなかったらごめんなさいですが・・・。

船越英一郎さんも 最近はいい歳の取り方っていうのかな~ 
いい感じの役者さんですよね。
たまには 的場さんとvシネとかにも出てましたが 
徐々にいいやくがあたるようになってきたんじゃないですか。

お父さんも有名な役者さんでしたから 小さい時から家族ぐるみで 
役者生活ですから 環境がすごい。必然的にいい役者さんに なりますよね。

裁判等で いらぬ疑いが晴れますように 祈ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です