グラム系はやっぱ ロキシーミュージックの”ブライアンフェリー”がいいね。

グラムロックって 
イギリス人の造る音楽のなかで ロキシーミュージックが好きだった。

■ロキシーミュージック 昔はサイケデリック

ちょうど、デビッドボウイなんかも同じ時代で 音楽が結構似てる。
サイケデリック音楽?グラムロック?ロキシー系の音?

■デヴィッドボウイ ビジュアル系のカリスマです。ホント!

アメリカ音楽、ウェストコーストとか イーストコースト 
リズム&ブルースとかニグロブルースとか
音がすごく微妙で 音階が微妙で難しい 
そんな音に比べて イギリス人の造る音楽は 
ビートルズとかストーンズみたいに
ポップでわかりやすいので リズムと音がはじける感じで 
ポピュラーでうけがいいって感じ。


ブライアンフェリー
ロキシーミュージックのメンバーで キーボード担当って感じですが・・。
なんでもやるんでしょうけど、日本に来た時に 見に行きましたが 
やっぱ、ギターみたいにショルダーバッグ持つみたいに 
キーボードをもって 弾いてた。
その分 ロキシーの音もキーボード音が
おおいみたいに聞こえる。


■ブライアンフェリー


■あっというまに 年行っちゃって・・。

ロキシーのあと ソロになって アルバムも10枚ぐらいはだしたか?
ミッキーロークの”ナインハーフ”という映画で
曲が使われてから 少しソロでも有名になった。
っていうか、日本でもすごく知られるようになった。

このころの ”アヴァロン”からの4~5枚のアルバムがいい。
音的には、リズムとシンセを使ってるんでしょうか 
すこし太い音が ロキシーよりはいい・・。
曲のおしゃれ感と リズミカルなダンスミュージックって感じの 
しかも少し悲しい。そんな感じの音、
フインキはパリ的な ヨーロッパのパーティーの
ダンスミュージックですが、ちょっと暗い
歌い方もなんとなくスペイン風のヨーロッパ系の悲しいボーカルって感じ。
フリオイグレシアス的な歌の歌い方、ビブラート バリバリですが、これが好きです。


歌って難しくって やっぱ、曲にあってる歌い方 声質があるので 
売れようと思って 自分なりにいいものを作ろうと思うと 
自分の声質に合った 音とかメロディーを持ってくる・・・。
それが いろんなタイプに分かれて 
どうしてもその歌手には不似合いな音がある反面、
その人の声質 個性でないと歌えない歌がある、そういうものだ。

田舎で民謡しかないような文化で 
歌がうまい人って言われても民謡がうまいだけで、
別のジャンルはどうしても 下手にしか歌えないものがあって 
ジャンルが合えば 誰でも歌は上手。って感じのものが 歌です。

たぶん、ブライアンフェリーも
ビートルズみたいに ビブラートなしで歌うと あまり面白くない。


ビブラート バリバリで いまだにヨーロッパの古城で歌ってる感がいい。
それに合う音楽 音が ブライアンフェリーの場合は
舞踏会風の少し悲しい ダンスミュージックなんでしょう。

ライブハウスでっていうよりは オペラとかカントォーネをやるところで 
ウッド系の楽器と年いった スローリズムが微妙にうまい
ミュージシャンを集めて 音楽会をやる感じ。

この場所とかフインキにあった音楽を作って 
その曲をうたう感じがブライアンフェリーの魅力だ。


■加藤和彦


■サディスティックミカバンド 高中がこんなおしゃれってか メキシカン?


■高橋幸弘

日本では、昔 加藤和彦のミカバンド
ヨーロッパデビューに際して ロキシーと一緒にやった。
それから、ミカバンドは
ヨーロッパのポップミュージックにすごく影響を与えた。
加藤和彦すごい!って感じですが、
その時にドラムを担当した 高橋幸弘がロキシーに影響されたみたいで、
なんとなく ブライアンフェリーの歌い方ににてる、
高橋幸弘のヴォーカルもおしゃれでいい感じ。

YMOの後期は高橋幸弘のヴォーカル全開でしたが 
やっぱよかった。
その後、ガッくんタイプのビジュアル系ロックバンドのヴォーカルにも多くなった。
これもおしゃれでいい感じですが・・・。
それも ボウイとロキシー系に分かれますが・・・。
ルックスがボウイのほうが少しうえかな~。


そういうわけで いまだに”アヴァロン”が すっき!