12月 | 2016 | masa_blog

ニュース 解散前最後のラジオで「ありがとう!SMAP」…ファンにも感謝

31日をもって解散するSMAPの木村拓哉(44)が30日、TOKYO FMのレギュラー番組「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」(金曜、後11・00)の最後に、「ありがとう!SMAP!」と語った。1曲目は感謝の気持ちを伝えるSMAPの「ありがとう」(06年)。26日に最終回を迎えた「SMAP×SMAP」(フジテレビ)や、署名活動をしてくれたファンへの感謝の思いも伝えた。
解散前最後の番組はファンへの思いを届ける楽曲「ありがとう」で始まり、メンバーへの「ありがとう!SMAP」で締めくくった。SMAPは5人それぞれが冠番組を持っている(草なぎ剛と香取慎吾は2人で1番組)が、解散後もSMAPの4文字が残るのは木村の番組だけ。木村はリスナーから「来年以降もタイトル変わらずなんて涙です。ありがとうございます」とメッセージが届いたことを紹介し、「そう、壁は自分なんですよね」としみじみ語った。

「スマスマ20年9カ月お疲れ様でした。思い出は?」という質問には、「本当にスマスマに関してはたくさんのメッセージをいただきまして、ありがとうございます。番組が始まったのは1996年。『ロングバケーション』の第1話がオンエアの時にスマスマが始まるというタイミングだったんですけど。最初は自分がどう存在していいか、分かんなかったですね。ちょっと責任としては大きかったかな。自分たちの名前がリフレインされてる番組ってのは」と振り返った。

「ちょっと世の中を騒がしてしまうようなこともあったじゃん。その後のうちら(SMAP)を届けてくれたのが、スマスマだった。ただにぎやかで楽しくやってきた番組ではなかったので、ものすごい大きな感謝がありますね」と、01年の稲垣吾郎の逮捕や、09年の草なぎ剛の逮捕時を示唆しながら、感謝の思いを伝えた。

「来週のワッツ(同番組)の時には…ね、変わってんのかな。自分も分かんないですね。今までは普通に年が明けて、明けまして…というワードだったんですけど、今回の新年はもう一つ意味があるな、と。まあ、この番組のタイトルもそうなんですけど、大切にしたいな、というのはブレずに。そんな勇気を持って進んでいきたいと思います」と解散後も変わらない気持ちで前に進むことを明かし、「たくさん署名をいただいたりとか、全てのことに対して一言だけ、失礼します」と切り出すと、一呼吸おいて「ありがとう!SMAP!」と力強く語った。

この日オンエアされた2曲目は「夜空ノムコウ」、同3曲目は「世界に一つだけの花」、最後の4曲目は91年のデビュー曲「Can’t Stop!!-LOVING-」だった。

木村は冠からSMAPの文字を外さない理由について、16日の放送で「『Sad(サド) Maso(マゾ) Assemble People』っていう意味も含まれているんですね」などと解説していた。

※SMAP もったいないですね。でも言っちゃ悪いですけど 年齢的にも役員クラスですし トップで動くのも大変だと思うので 少し休むのものいいんじゃないですか?また、形を変えて頑張っていただければと思うが。また、ファンの方々がついてきていただければ 本物じゃないですか。

204

”集団的自衛権”って 日本は今後どうなんだろう!

203
■朝生でシールズがでてる。

集団的自衛権ってどうなるんだろう?っておもってしまう。アメリカは来年 トランプが大統領になり新政権になるが、冷戦終結については強い姿勢で 日米安保の交渉に来るんだろう、冷戦は終わったのだから 日本を防衛する意味がなくなってきた、そこで中国の脅威から日本を守るだけなら 本来の意味をなさない。ソ連との間においては極東 最先端である日本の位置は重要だが 冷戦が終われば 必要がない。ロシア 中国と手を結び アメリカを加えたこの3国で世界を支配というか、世界の秩序を維持していこうと考えてるとも言われている。先の日本は中国に吸収されるのか?といった問題のほうが大きい。国が違うから戦争になる。大きな枠で分ければ 国家間戦争はなくなるので 戦争がなくなることは大いに結構だ。また、先のロシアとの北方領土交渉においても 今や経済的に先の見えた先進国のロシアに交渉の余地などあろうはずがない。

そこで、日本を誇示しようとあがいている政府に対して 今後は日本も軍隊を持ち 自国は自分たちで守る、他国に関しても平等に 必要とあらば日本軍として参戦する方向で 法律改正をしたいのだが、即、徴兵制だの戦争だのと考えられ うまくいかない。少しはわってあげるべきなのではないのか。

議論をみてて面白いのは、日本は専守防衛 やられっぱなしの国だということだそれを理解しているのかいないのか、だ。中国が攻めてきて 日本の領域で仕掛けてきたら 防戦するが 出て行ったらそれを攻撃はしない、やられっぱなしの国だということを理解したとき どう対処するんだろう、日米安保でアメリカが守ってくれる アメリカが中国に報復してくれるとでも思っていいるんだろうか?それはないんじゃない。少し平和過ぎない?
「それにしてもやられっぱなしってどうよ!」

ニュース 「浅田真央」

フィギュアスケート女子で2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(26)=中京大=が25日、平昌五輪シーズンとなる来季も現役続行の意向を表明した。この日あった全日本選手権フリーの演技を終えた後、現役を続けるかと問われ、「そうですね、はい」と述べた。今季の今後の試合については、「(試合が)まだ終わったばかりなので分かりません」と話した。

※まおちゃんって26歳になったんだ。大きくなったね いつもいく お墓の近くに中京大学が見えますが、ここに通学してんだとか思いながら 見てますが<すごいです。でももういいんじゃないですか?すごくがんばったもん。えらいです。

202
■きれいでかわいいですね。よかった!

Bryan Ferry が大好き!「ベイト・ノアール」

196

ベイト・ノアール」ってブライアンフェリーのアルバムが出たころは バブル全盛期でしたか。当時は朝まで 友達とよく酒を飲んでましたが、特にバーボンで 場所は、大阪ミナミの山田ビルの6階にあった「マーシャルロー」でしたが、このビルの下の階にあるとあるクラブがあって よくいくんでしょか 藤山寛美さんとエレベーターで一緒になったことがありますが、舞台とは違って 寛美さんもめちゃおしゃれでした、そんでこの店は、友達の紹介で よく出入りしてましたが、というか いつも待ち合わせで 朝まで飲んでました。プールバーで バイトの女の子が専門学校とか 大学生とか若い子が すごく多かった、感じが流行りたての頃の ガールズバーって感じではありましたが、よくしゃべってた しゃべらな損っていうぐらい。

201
■ブライアンフェリーも美術的なものが好きみたいで そんなジャケットデザインでした。

このおしゃれ感に合わせて ブライアンの新譜をもっていって 音をかけてもらったこともあるが、この店ににあってた。古い話ではあるが ブライアンフェリーのおしゃれ感で意気投合するのは あるとき、パーティーかなんかがあって マーキーとかが、司会やってて その際にコンテストめいたものがあって 審査員さんに今野雄二さんがいた。たぶん、アルバムのコメントとか解説を書いていた方なんで このおしゃれ感に合わせて たぶんブライアンフェリーのアルバムとかの解説も書いていたんだろうと思いきや、しっかり 「AVARON」とかで書いていました。「KISS AND TELL」なんかがよかったような気がしますが、本当 バブル全盛でした。よく遊んだ。ってブライアンフェリーもよく聞いてました。

Bryan Ferry が大好き!なんですが。

グラムロックが好きだった。ブライアンフェリーだ。長身でオシャレの極地。ロキシーのボーカル。少しサイケロックしてる感じで オシャレで音もいい。たぶんキーボーダーなので かなり音を触ってるイメージだ。むかし、シンセの時代があって YMOがはやったころだが、そのころからだろうか、やたらブライアンフェリーが恰好よくって好きだ。その頃はRoxy Musicも後期で ブライアンかロキシーか区別がつかないほどだったような気がする。フェリーとイーノが気が合わなくってって感じで ブライアンイーノが抜けた後ぐらいだろうか。

アルバムはFresh + Blood ぐらいのころかな。このアルバム好きだった。キーボードの音が新鮮で、抜けるようなブライアンフェリーの裏声、すごくビブラートの聞いた歌い方、ヨーロッパ系のポップ歌手ってこんなビブラートきかすんだ、へーみたいな。でもそれがグラムロックにあってて 音楽ももうちょっと後で聞いた ケイトブッシュみたいな不思議感があって、Over Youって曲が、いかにもロキシーって感じの音で これでしょ。これロキシーでしょって。また、ジャケットがかわいい女の子の写真ばかりで ケバイ化粧の女の子のジャケットも多いですが、これはセンス それともきれいな女の子が好き、そりゃそうでしょうけど やっぱセンスじゃないかな~だけど 本当に人形のような化粧をした女の子の写真がおおい、多すぎ 趣味ですか。だれのセンスなんでしょうか。ブライアンフェリーはむかし 美術系の教師もしてたように聞いてましたが、

199
■ Fresh + Blood

若い時はロックンロールバンドなんでしょうか?それともオシャレな サイケロックバンド、イギリスなので音はグラムロックなんでしょうけど、昔のフェリーは写真とか見ると 髪の毛たてて リーゼントですか?みたいなかんじで このころを 日本ではキャロルの矢沢永吉のリーゼントとの共通点で、ルックス的にはおなじ方向性をもってたっていってた人もいたような、ま、どっちもポップロックですし、徹底的にルックス気にします。売れるためには やっぱルックスでしょ

197
■Roxy Music ロックンロールバンド感がいい、初期ですか?

そういや~、日本のビジュアル系バンドの元祖みたいなところあるか、イギリスのジャパンってバンドがあって そのころから急に日本でもバンドのメイクがはやりだして みんなメイクをしてたような。始まりはジャパンかな~とか思ってましたが ロキシーもしてるし 今のビジュアル系といったジャンルもまさにそうなんだろうか、清春とかも言ってましたし、音楽は井上陽水だけど ルックスをいれると やっぱ、キャロルだったり スライダースだったりしますからって 同じ方向性なんですけど グラム系だし。

196
■Bryan Ferry かっこよろしな~

ブライアンフェリーは その後 ロキシーミュージックで「アヴァロン」ってアルバムを出しますが、もうロキシーを完成させたような音でした。アヴァロンは今でもよく聞く曲で これってゆったりしたダンスミュージックなんでしょう、ブライアンフェリーっていうか ロキシーは基本 こんな感じのダンスミュージックが作りたいんでしょう。そっから、映画{ナインハーフ」で使われた 「スレイブツーラブ」で、かなり有名になりましたが、日本の夜のヒットスタジオにも出てました。かなりのバブル期でしたが、新人の頃のマドンナも夜ヒットに出てましたから、バブル絶頂期というかバブル前夜祭的な時期でしたが。

198
AVARON アヴァロンって曲がいい 今でも聴いてしまう!

この「BOYS AND GIRLS」ってブライアンフェリーのアルバムもよかったです、はい。「DONT STOP THE DANCE」も入ってて ブライアンフェリーらしくオシャレでシック ビブラートのきいた歌い方、スローなダンスミュージック、英語でしか乗らないような歌詞の歌、最高じゃないですか。このころ、売れてましたね。世界ヒットじゃないですかね。その後はワールドツアーですから。

200
BOYS AND GIRLS このアルバムにDONT STOP THE DANCEとか 入ってます。

ニュース 「米ハワイ・真珠湾訪問」

今月26、27日(現地時間)に予定される安倍晋三首相の米ハワイ・真珠湾訪問を巡り、静岡新聞社の関連会社のハワイ報知社が、現地22日付ハワイ報知で、実際は鳩山一郎首相と岸信介首相も真珠湾を訪問していることが60年前の記事から分かったと報じた。吉田茂首相も1951年に真珠湾に面した米太平洋艦隊司令部を訪れていたことを、政府が16日に記者会見で明らかにした。当初、今回が現職首相として初の真珠湾訪問とされていたが、既に3人の首相が真珠湾を訪問していたことになる。

ハワイ報知によると、鳩山首相は56年10月、モスクワでの日ソ交渉を終えた帰途、同29日に真珠湾を訪問した。翌30日付「布哇(ハワイ)報知」は、「鳩山首相きのう真珠湾を訪問」の見出しで記事と写真を掲載しているという。
岸首相は57年6月、アイゼンハワー大統領との会談で訪米した際、同28日に真珠湾を訪れた。翌29日付「ハワイ報知」英語版のほか、他紙もその様子を伝えているという。
22日付ハワイ報知には「鳩山、岸両首相とも『礼砲の歓迎』と『儀仗兵の閲兵』が行われており公式の訪問と見られる」との見解も掲載。真珠湾攻撃から75年の節目の慰霊訪問が、記憶に埋もれたかつての真珠湾訪問にも脚光を当てている。

真珠湾攻撃っていったら「トラトラトラ」ですか、たくさんのハワイの人々が亡くなった。戦後日本の総括として話すとき、必ず出てくるキーワードだ。第二次世界大戦に突入。結果、大負けでしたが、このへんの話は非常に面白い。世界的に帝国主義時代で どこの国も他国を侵略化していった時代だ。日本のような国土の狭い国はなおさらだ。他国のヨーロッパなんかもそうだったんだろう。戦争上のルールとして原爆を使用することは違法で また、民間人の住む地域を爆撃することは全くのルール違反ではあるが、勝ったもん勝ち?なんでもアメリカルールで裁かれた。面白いと思ったのは、のちの戦犯として人を裁く折、この真珠湾攻撃は東條ではなく、天皇の指示だったということだそうだ。しかし、日本を属国としてアメリカが生かすためには、日本人全体をまとめるため 天皇は使えるということで 抹殺しなかったということだ また、そのころアメリカでは、大統領が変わり、先の大統領は天皇を処罰し 弟を時期の天皇にと考えていたらしいが、大統領が変わり、その指示を変えたそうだ。のちにみんなの目に焼き付くほどの存在感の”昭和天皇”がある。公家の時代からずっと戦ってきた日本の歴史の最後の大日本帝国の天皇であるが、非常に深い。右ではないが 大変な人生だったと思う。また、その後戦犯として釈放された岸、児玉、笹川というメンバーがのちに活躍したという いえば今の日本を作った人たち この人たちも大変な有名人たちだが・・・。死ぬはずだった人たちのすごさだ。
そんなことを思い出す、考える真珠湾攻撃ってまさに日本の歴史です。

昔からJoni Mitchell が最高にいい。「コートアンドスパーク」COURT AND SPARK

195
COURT AND SPARK

コートアンドスパークです。ジョニミッチェルが少し他のミュージシャンを入れて そのアコギのみではなく、少し今風に レコーディングしたって感じの 聞けるレコードでしたが、聞きやすいし そんな難しくない。ロックンロールも入ってて ジョニミッチェルにしては、ロックンロールって 初めて聞くって感じでした。2曲目からの 2曲 この辺が印象的で help me とか free man in paris とかが聞い易くっていい。少し昔の感じも残しながら まだ、そんなに凝ってないというか ジャズっぽくもあるが、これはジャズっぽいというわけでもなく ジョニミッチェルらしくいい曲を作ろうって感じの努力か?そんな風にも聞こえる。

187

そういや~ジョニミッチェルって 美術学校出身かなんかで よく絵をかきたがる。描いた絵をジャケットでよく使ってるっていうか、全部そうなんじゃないか?絵のことはよくわからないが、どんどんうまくなっていってるような気がして、1度dvdかなんかだして その時はあまり評判がよくなく プロモーション的はすごく滑って 全然だったらしいんだけど その時の画廊を通り抜けると なんか有名人だけを集めたようなコンサート風景だったようだけど、その時の絵もみんなジョニがかいたものだと思うが、やっぱ美術的なものにすごく創作意欲があるのかな~。このdvdもすごくよかった。エレキギターを持って 一人で歌う、貫録です

美意識が高い人間は好きだ、何をやってもきれいでスマート、知的でセンスがいい、ライフスタイルも人間づきあいもおしゃれで ださくないってイメージがあるが、人間は知的動物なので野蛮ではだめだ、美意識を高くもって生きていきたいものだ。

昔からJoni Mitchell が最高にいい。「夏草の誘い」The Hissing of Summer Lawns

191
■The Hissing of Summer Lawns

夏草のいざない です。ヒッシングがいざないです。やっぱジャズミュージシャンとのコラボですか。ちょっと奇抜さに欠けますが、なんか民族音もはいってて聞きづらい音もありますが、その他の曲はいいです。本当、「エディスアンザキンピン・・・」みたいな曲がいい。まったりしてて ストーリーがあって。ジョニはジャズ歌手?いや、フォークソング系でしょ。フォークソングってのもわかりづらい。なんかフォークソングって民謡でしょ。でも反戦歌が代表なので その辺の音としか思えない。バエズとかディランでしょ、やっぱ。ちがう?

186

でも、ジョニミッチェルも入りはそうかもしれないが 音楽に対する探究心とか、生み出す音楽の感性が面白い、そうなんでやって感じで これやっぱカナダ音楽なのか。アメリカンロックにはならない、昔きいた フィービースノウとかそうブルースコバーンとか その辺の音に似てる。カナダの大自然の中で いろんな動物たちと共存して生きてる感じの音楽。広さと寒さと憂鬱感がある。日本には入りづらい音楽ですか?やっぱゴスペルやブルースの方が入りやすいかな?

日本でもジョニミッチェルが好きな女性シンガーも その当時はたくさんいたような気がしますが、五輪真弓さんとか、今でも”少女”って曲が大好きですが、曲の音と音との間が面白い、細野さんの”風をあつめて”とかも面白い。最近の新しいミュージシャンもいい人もたくさんいるとは思いますが、七尾旅人とか感性が似てそうな、でも、ラップか?とにかくこのころのジョニミッチェルはジャズっぽいです。

193
■五輪真弓 少女 がよかった。

192
■はっぴいえんど 細野晴臣 大滝詠一 松本隆 鈴木茂って面白いメンバーだ!

194
■七尾旅人 ラップか?

昔からJoni Mitchell が最高にいい。「ドンファンのじゃじゃ馬娘」

189
■”ドンファンのじゃじゃ馬娘”

これはまさに ジャコパスのフレットレスのベース音 最高です。オープニングからジョニミッチェルのアコギ、ジャコパスのベース、いいですね。ジャコパスはもう この世にはいないですが、このころは ジャコパスとか、ルカサとかラリーカールトンとかジョニもフュージョン系ジャズミュージシャン どうやって知り合うのか分からないが、たぶん、ジョニミッチェルが先輩なんでしょう。そんで 彼らから一緒にやりたいって 申し出たと聞いてますが。でも ジョニミッチェルとジャコパスのツインギター?このからみが最高です。やってみたいね こういうの。退屈な音も入ってますが a面3曲 b面2曲ぐらいかな、いい曲、はいってます。パーカッション バンバンの民族系の音はもう一つ、何やりたいんだかって感じにしか聞こえない。このころは民族系 音 追及してたのかな、みんなやってますからって時代ですか?

190
■ジャコパストリアス ”カッコイイ!”

ジョニミッチェルにも時代があって 昔はフォークソング ギター一本で アコギですが、やってたが、なんか、フュージョン系にいって 特にジャズ系、このころのアルバムですが、それから ミンガス 本物のジャズっていうか ウッド系いって そのあとロックいって やめる頃には クラシック的な、最後の方はいい声になってた、しゃがれた奥行きのある声 トップミュージシャンの声っていうか 響くね~。このアルバムのころかな エレキギターをひいてたような ま、フュージョン系ですから、でも、このジョニがひく エコーとかコーラスとかディレイがはいったような エレキ音と彼女独特の変則チューニング、アルペジオ ストローク いい感じのリズムギター、これが最高。
これにジャコパスのエフェクターだらけ 触りすぎの フレットレスベース音の絡み これがまたいい。絶賛もんです。40年近く前の音とは思えない完成度 作れないでしょ、こんな曲!コピルとすごく歌いづらいですから。

昔からJoni Mitchell が最高にいい。特に”hejira”

昔からジョニミッチェルが、最高に好きです。あまり知られえていない、そうポピュラーでもない、その頃はなぜか、カナダ系のフォークソングにはまってた、別に ウェストコーストだとか、ウッドストックだとかではないのだが、自分的にはなぜか学生運動にはまってて これは兄の影響なのだろうが、関連映画で「いちご白書」って映画があった。これも 荒井由美さんの「いちご白書をもう一度」ってのから関係しているのかもしれないが、この「いちご白書」の映画の挿入歌をジョニミッチェルが作ってた、この辺が始まりか?ユーミンは作曲家を目指してた そんで曲もよかった、シンガーソングライターがこのころの売り出す格好よさ的な、それがよかったのかも。そんでジョニミッチェルにたどり着いた感じではあるが、中でも「ヘジラ」っていうアルバムが衝撃的だった。今まで聞いていたポップ調の曲とは全然違う スゲーって思って、ポルナレフだとかポールサイモンだとかビートルズ・ストーンズだとかは全然違ってた。

185
■ hejira このアルバムいいです。g:ラリーカールトン

たぶん、日本の音楽がなんだかフォークソングってくらいかな~を引きづって ニューミュージックってなんだ?みたいな聞きづらい感じがあったので 余計、新鮮に思えたのかもしれないが、今から思えば その頃は分からなかったが、変則チューニングの音、これがよかったのかも、普通の和音コードではない新しい感じの和音から言生まれてくるメロディー、これが新鮮。そんなスリーコードだ、マイナーだとかそんなじゃなかった。ジョニミッチェルのオープンaから出てくるメロディー また、ギターコードの新鮮さ、聞いたことのないような、フィービースノウなんかは、コードを自分で作ってるって感じで枠のないコード和音から生まれる 新鮮なメロディーってこれってなんですか?ぐらいの感覚だったか、もちろんルックスがついて来ればいうことなしなんだろうが、それは別として、ビートルズのような聞きやすい音、ポップス的な音もいいんだけど、全く違ったわけ分からない音も 聞きたい年頃か?そんなだった。

186

187

「ヘジラ」は、ギターのスローなストリングス、アルペジオにいい感じのメロディーが入っていて メジャーからマイナー、マイナーからメジャーって憂鬱そうな音、歌詞もずいぶん新鮮で アメリカなんだろうけど ライフスタイルの日常を歌詞にしたって感じのストーリー 短編小説を読んでるような 簡単なラブソング的な歌詞とは全く違う、やっぱアメリカって進んでるわって思ったな~。
また、天才的な人間にありがちの 女性ならば、見事な男性遍歴 次から次ですかって、見事です。才能の糧になるならだれとでもってか。人間的にまねできません。それでもいい曲 聞かしてくれる、荒れてますよね人生 そこまでしなくていいですから。今の時代の曲を書く人ってかわいそう、規制が多すぎて いろんな危険な体験ができない できなければ、本当にいい意味での作品ができないんじゃないか、嘘かくんじゃ現実味がなくって そういう意味では、もっと昔の人はすごかったんだろう。現にクラシックなんかはけた違いにすごい。殺したり、殺されたりのなかでって そんな人生観は現在ではありえない。そんなことはないか、世界は広いですから、ジャマイカもあればイスラム国もありますか、少し貧困ですけど。

188

今は、彼女は引退して活動もしていないと思うが、キャロルキングなんかもそうだが、この辺のひとって変わってる。
ロックビジネスに飽きたとか、ありえないですけど!普通、人間が生きていくうえでの仕事、好きなことができてお金が入ってくる、で もっと続けられる。そんなついてる人生なんてありえないのに なんてわがままな人たちなんだろう。こういう人たちの人生観か!努力しつくして やりたいことをしたら それでワンパターンになってしまったら 次の才能の生きる場所を交代してあげる。いつまでもすがりつくんじゃない。そんなのはダサいか。人それぞれだけど、恰好いいね~。